お金の知識と即日融資可能なキャッシング

MENU

即日融資可能なキャッシングを使いこなす

お金を増やすには支出を減らし、収入を増やすことがメインになりますが、もう一つ大事なことがあります。それは借り入れや融資を受けるということです。

 

家を買う人は基本的に住宅ローンを利用していますし、車も現金一括で購入する人は少なくお金を借りて買うケースが多いです。このように借金というものは身近なものなのに、日本ではなぜかいけないものとして扱われています。

 

特に短期的に利用できるものは、即日融資可能なキャッシングです。なぜかということをこれからご説明します。

 

私がお勧めする戦略としては、世界の富裕層が行っているように手元になるべく現金を置いておかないということです。利息がほとんど付かない普通預金なども同様です。

 

基本的に現金というものは、長期的に見ると価値が減少していく傾向があります。今現在の日本などは典型的で、日本銀行による大規模な量的質的金融緩和により140兆円規模の信用創造が行われいています。

 

これにより現在のような円安が進行しているわけですが、それだけ円の価値が下がっているわけです。そしてこの流れはまだ続いていきます。

 

そのような時にただ何となく日本円を持っていると、損をするだけです。

 

お金持ちの視点から見ると、長期的に見て価値が上がり続けるものも投資していくという視点があります。逆にお金がない人や普通の人は、現金神話があり堅実に貯金をし続けることが将来のためになるという視点で行動しています。

 

日本の場合、高度成長期においては株式投資や不動産投資などをしていた人が大勝ちしています。大卒初任給が2万円位の時代なら不動産も株も安く購入出来ましたし、その後の景気上昇により国民の大部分が利益を上げることができました。

 

この時代に現金の貯金ばかり考えていた人は、大損しているはずです。

 

そして今の時代ですが、特に不動産は長期的に少子化の影響で下落が続くのは間違いありません。株にしてもかなり銘柄を選んで投資していかなければ以前のようにキャピタルゲインを得ることは難しいでしょう。

 

ただこれも勉強をして正しい知識を手に入れ、長期投資をすることで利益を上げることは十分可能です。ただ何となくというのが一番危険です。

 

一番堅実な金(ゴールド)の毎月継続型の積立投資でもいいので、現金で持つ割合いを減らすことが重要です。そうすると必然的に突発的な必要経費が足りなくなることがあると思います。

 

その場合は、即日融資可能なキャッシングでスピード借り入れをして、予定を組んで早めに返済していけばいいのです。あくまで必要経費のみの借り入れなので利息が雪だるま式に積み上がり、自己破産などということになならないので安心してください。

 

このように借金と上手に付き合い、投資に回せる人というのは長期的に見て資産を構築できる人です。是非、実践してみてください。

2014/12/11 21:04:11 |
基本的に本当に利益を望むのなら、博打的な短期売買ではなく長期投資を狙うのが鉄則です。では初めて株式投資をする人がどのようなジャンルを狙えばいいかというとエネルギー分野ですね。もちろん信用取引などは借り入れしているのと同じことなので、手を出してはいけません。短期売買だと即日融資可能なキャッシングをして、デイトレードをして儲かったら返済する、という危険なことをしている人もういるようですが、これももちろん駄目です。レバレッジを効かせないで、現物取引の買いから入るものだけで十分です。具体的な業種でいうと特に電力系は、まず倒産することは無いですし、将来的にも需要がなくなることはないのでお勧めです。民間企...
2014/12/05 21:10:05 |
現在の日本では、構造的に大部分の人が右肩上がりに給料が上がるという時代ではありません。一部の勝ち組と圧倒的多数の負け組という構図がこれからも拡大していくことは間違いありません。仮に今は勝ち組にいても、激務が続いて体を壊したり、会社が倒産、吸収合併、海外への移転などにより、一気に負け組に転落する危険が大きいのです。そのような時代の中で、本業からの給与収入だけではリスクが高すぎます。ダブルエンジンとして副業収入を得ていくということも大切になってきます。そこで別のスキルや本業に役立つ能力のアップをはかっておけば、将来何か合った時のリスクヘッジになります。実際、元有名企業で中年時にリストラされた人など...
2014/12/03 22:00:03 |
日本では確実な未来予測として、現在も進行中ですが少子高齢化の問題があります。そのためすでにサプリメント市場や、高齢者向けのスポーツ、トレーニング、有料老人ホーム市場などが活発になっています。これらは短期的なものではなく、これからますます伸びていく分野なので中長期の投資先としてはお勧めできる分野です。ただ短期売買はゼロサム・ゲームで素人はほとんどがお金を失って撤退してしまうので行ってはいけません。私の友人でもデイトレードを日本株で行い、借金を背負ってしまった人がいます。彼の場合は信用取引をしていて、即日融資可能なキャッシング業者でお金を借りて、何とか追証の支払いに間に合ったという状況でした。また...
2014/12/01 22:18:01 |
投資を考えている場合、まだ資金が少ない内は集中投資をすることをお勧めします。天才投資家のウォーレン・バフェットは、大きな資金を動かしている時も、できるだけ少ない銘柄などに集中することを推奨していますが、それはさすがに普通の人にはお勧めできません。彼のような高い能力を普通の人が持っているわけではないので、資金が増えてきたら徐々に分散を考えていけば問題ありません。ただ資金が少ないうちから分散してしまうと、手数料の負担もバカになりませんし、そんなに利益が出る投資先を見つける目も見についていないので結局損をしてしまうか、良くてトントンの収支しか上げることができなくなります。それよりも良い銘柄や案件に集...